2010年5月16日日曜日

The Isley Brothers / 3 + 3

個人的に Isley Brothers の作品の中で一番バランスが良くて、安心して 
聴けるアルバムだと思ってます。「可もなく、不可もなく」という意味ではなく、収録曲全てが粒ぞろいで、アルバム全体を通した展開が良いのです!!
1曲目の「That Lady」のキレのあるギターイントロから幕が開いて、最後の「Highways Of My Life」まで「アイズレー愛の劇場」がめくるめく展開する
さまは、たまらない!!の一言に尽きますことを宣言してしまいたい
位い良いです!!!
ボーカルとギターは、さすがベテラン兄弟!はずしませんが、バックの4人も負けじとスゴイです、
特にこのアルバムから正式加入した3人のなかでも Chris Jasper の
キーボードプレイは キラリと光るものがあります。全体的な雰囲気は「サラッ」としているので、ソウルファン、フリーソウルファン以外の方にもオススメです。
ボーナストラックに「That Lady」のLIVE が入っているのもウレシイなったら
ウレシイなっ!!

The Isley Brothers / 3 + 3