2012年5月12日土曜日

「風の谷のナウシカ」久々に観たけど、久石譲の音楽に毎回鳥肌が立つ!

ナウシカが公開された1984年と言えば
僕は13才だったんだけれど、プロローグからオープニング曲への流れの静謐さに息を飲んだのを憶えている。
あの「グッと世界に引き寄せられる感覚」は、まだ子供だった僕にも特別なものを感じた。
映画の中に流れる音楽はピアノやオーケストラだけではなく、シタールやギター、果ては打ち込み系まで効果的に使用されている。
よくある映画の飾り的な音楽ではなく、完全に物語の一部になっているのだ。
大人になった今でも新鮮味は衰えず、むしろ驚きの発見が作品を見るたびにある。宮崎映画のなかでも、そして久石譲の作品のなかでも大好きな作品だ。


amazonバナー

サントラは作品中の音と若干違うんだけど、雰囲気はそのままに気分に浸れる
風の谷のナウシカ サウンドトラック はるかな地へ・・・

風の谷のナウシカ サウンドトラック はるかな地へ・・・ [Soundtrack]

価格: ¥ 2,230 




風の谷のナウシカ [Blu-ray]

風の谷のナウシカ [Blu-ray]

価格: ¥ 4,981